体質・原因にあった育毛法を見つけよう!植毛について

前回に引き続き育毛について5回目です。

 

5回目の育毛法解説は、植毛についてです。

 

1、植毛とは?

植毛とは、その名の通り頭皮に髪の毛を植える方法で髪の毛がある状態に見えるようにする方法のことをいうようです。
ちなみに、人工毛を植え込む方法と、自分の髪の毛を毛根ごと移植し植え込む自毛植毛があります。
人工毛を植え込む方法よりもやはり自分の髪の毛を毛根ごと移植し植え込む方法である自毛植毛の方が値段的には高いといわれているようですが、こちらの方が人気がある植毛方法であるようですね。

 

因みにこのように、どちらの方法も植毛自体が医療行為としてとらえられているので、植毛をすることができる専門の医療機関でのみしか受けることができない方法です。
このように一見してみると医療行為に感じない植毛ですが、実は医療行為であるというわけなんですね。
植毛を検討している方は、まずは人工毛と自分の髪の毛のどちらを使った植毛を受けるのかなどを考え、自分にとってベストな植毛を考えることも大切だといえそうです。
植毛は、決して安いとは言いにくい方法だとは思いますが、それでもやはり十分魅力さがある方法だと思います。

 

 

2、植毛のやり方

そんな医療行為である植毛の方法は主に穴を頭皮に開けて、毛を植えていきます。
FUTストリップ法やFUEくりぬき法、ニードル法、ボズレー式など、植毛と一言で言ってもやり方は実にいくつも存在するようです。
また、それぞれの医療機関によっても取り入れている方法に違いがあるようです。

 

ですから自分が受けてみたいと思っている植毛の方法を取り入れている医療機関をあらかじめリサーチし、その医療機関を利用するということも大切だと思います。
ちなみに自分の髪の毛を植毛する自毛植毛は、頭頂部に比べて脱毛が起きにくい後頭部の髪の毛を毛根から移植するようです。
男性型脱毛症は、そもそも男性ホルモンが関係している脱毛症ですから、頭頂部や額が脱毛しやすい傾向があるため、これを考えてみても実に理にかなった植毛方法であるといえるのではないでしょうか。
また、後頭部ですと、植毛の際の傷も目立ちにくいという点も考えられますよね。
このように植毛のやり方と一言で言ってもいくつか方法があるので、植毛を考えているのなら自分に合った植毛方法をうまく選んで植毛を受けてみることが、大切だといえそうです。

 

3、植毛の効果

植毛は、特に自毛植毛の場合はメンテナンスをする必要がないという点も、魅力的な部分なのではないでしょうか。
その点、人工毛の場合は伸びることがないので、ヘアスタイルをチェンジする際にはやはりどうしても何かしら対応をとる必要があるかと思いますが、このようにメンテナンス面から見ても植毛は便利な方法だといえそうです。
また、それだけではなく医療機関の施術技術が高いところで施術を受けた際にはより自然体な状態で髪の毛も生えてくるという、自然さもしっかりと感じることができることから、やはりより自然な状態の髪の毛を目指したいと考えている方にもかなりおすすめすることができるのではないでしょうか。

 

このことから自然な髪の毛をしっかりと目指したいと考えている方には、特に自毛植毛という選択をし、自分の髪の毛の悩みを払拭させることはとても良いことのように思えそうですね!
自分で薄毛の改善に取り組むのももちろん方法としては良いかと思いますが、手軽にすぐに薄毛の改善をしたいという方は、植毛をするという選択肢もありそうです。

 

4、植毛の副作用

植毛は良いことばかりのように思えますが、やはりそれなりに副作用といえてしまうようなリスクは存在するようです。
中でも、施術技術が成功を左右させる部分でもあるため、施術技術があまりにも低い医療機関を選んでしまった場合には、仕上がりが不自然に感じてしまう可能性もあり、定着率が悪い状態になってしまう可能性もなくはないようです。

 

また、植毛をする際の傷跡も、やはり気になる可能性もあるようですね。
しっかりとまずは、よりリスクを軽減させるためにも、施術技術がしっかりとある医療機関を選ぶことを大前提とし、植毛を受けようと思っているのなら医療機関を探してみることも大切なようです。
ですがもちろん、当然ですが傷跡が残る可能性があるということや、あくまで植毛は手術行為であるという点からも、このあたりからの副作用も十分考慮する必要もあるということを忘れずに植毛を受けようと考えている方は検討してみることも大切なだと思います。

 

5、植毛の費用

気になる植毛の費用ですが、やはり人工毛の植毛に比べ、自毛植毛のほうが高い傾向にあるようです。
ですがそれでも、自分の髪の毛を使う植毛の方が人気の傾向にあるようですね。
植毛の費用は、それぞれの薄毛のタイプやグラフト(毛穴のこと)の数などによっても違いが出てくるようです。

 

また、医療機関によっても若干差があるようなのでしっかりと費用面のことも考慮し、医療機関を選ぶということも大切なのではないでしょうか。
数十万円〜数百万円など、このように費用に対してはそれぞれの薄毛の度合いなどにより違いが出てくるとも言われています。
費用面から見てみるとやはり安い費用であるとは言いにくい植毛ですが、それでも植毛により得られるメリットなどを考慮し、植毛を受けたいと考えているのであれば、まずは自分が利用してみようと考えている医療機関で費用についても相談してみるとよさそうですね。
ですが費用対効果を考えると、十分植毛は魅力的な方法であるということも、いえるのではないでしょうか。