体質・原因にあった育毛法を見つけよう!デュタステリドについて

前回は、ミノキシジルを見てきました。
今回はもっと強い薬「デュタステリド」についてです。

 

1、デュタステリドの効果

デュタステリドは、男性ホルモン生成を抑制する成分として話題なようですね。
特に、男性脱毛症であるAGAは、5αリダクターゼ還元酵素はテストステロンという男性ホルモンと結合され、DHT(ジヒドロテストステロン)になってしまうことが原因で薄毛状態になってしまうようです。
ここまでをチェックしていくと、特にフィナステリドと同じもののようにデュタステリドも感じてしまうかもしれません。
しかし、フィナステリドよりも、デュタステリドの方が脱毛抑制効果が期待できるということから、デュタステリドの方が近年は話題になっているようです。
このように、フィナステリドよりもより効果が高いといわれているデュタステリドがあるのなら、この成分のチカラを利用して自分の薄毛の悩みを改善させたいところですよね。

 

ちなみに、どのくらい違うのかといいますと、フィナステリドとデュタステリドでは、デュタステリドの方がおよそ1.5倍もの脱毛抑制効果があるといわれているようなので、数値から見てもかなり期待をすることができるともいえそうです。
デュタステリドに興味を持った方は、この成分を活用してみるというのも方法のひとつとして良いかもしれませんね。

 

2、デュタステリドの成分

そんな、フィナステリドよりもかなり魅力的な成分であるデュタステリドは、イギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社という会社が開発をしたようです。
ですが、最初は脱毛抑制効果を目指すために開発されたというわけではなく、意外なことに前立腺肥大症の治療薬として開発されていたのだとか・・・。
あまり関係のないように思えてしまいますが、前立腺肥大症が発症してしまう要因のひとつとしても、DHTがあげられていたようなので、関連性はあると考えることができるかと思います。

 

1型αリダクターゼの抑制効果がデュタステリドにはあるため、このことによりDHTの抑制ができるということが判明し、現在では脱毛抑制効果に対しても注目が集まっているというわけなんですね!
デュタステリドはまだまだ比較的開発されて新しい成分でもあることから、これから先ますます注目したい成分としてもとらえることができるのではないでしょうか。
これからますます知名度が上がりそうな成分ですよね。

 

3、デュタステリドの副作用

そんな、元は前立腺肥大症の治療薬として開発されたデュタステリドですが、当然ながらこちらも副作用が存在するようです。
副作用の症状としては性欲の減退や勃起率低下、さらには精子の減少などがあげられるようです。
やはりDHT抑制効果があるといわれているだけ、このような副作用があられる場合があるということなんですね。
もちろん人それぞれ体質などに違いがあるため、副作用の症状の度合いに対し違いがあるかと思います。
ちなみに、デュタステリドが含まれている医薬品は入手することも可能なようです。
アボタードはもちろんのこと、いくつかのジュタステリドが配合されているジェネリック医薬品もあるようですね。

 

個人輸入でも入手することができてしまうデュタステリドの成分が含まれた医薬品がジェネリック医薬品を含め、このように複数存在することをみても、これからますますデュタステリドの成分がさらに話題になって
いくのではないでしょうか。
使用してみようと考えているのなら、しっかりとこの副作用についても理解して使用する必要がありそうです。

 

 

4、デュタステリドの購入方法

実際にデュタステリドを購入したいと考えてた場合、どのような購入方法があるのでしょうか。
デュタステリドは、AGAクリニックや皮膚科でも購入することができるようです。
ですが、中にはデュタステリドを取り扱っていないところもあるようなので、しっかりと事前に取り扱っているクリニックなのかどうなのかを確認したほうが、より効率が良いかと思います。
また、このほかにも個人輸入で購入することも可能なようです。

 

ですがやはりAGAクリニックや皮膚科を利用して購入するよりも、個人輸入の方が自己責任という観点からもしっかりと安心して購入することができるところを利用しなければいけないなどのリスクがあるので
この辺りはしっかりと慎重に、自己責任という点を踏まえて個人輸入を利用してデュタステリドを購入しようと思っているのなら購入するようにしてくださいね!
こういったリスクのことを考えると、やはり購入先は、AGAクリニックや皮膚科がおすすめなのかなと思います。

 

5、デュタステリドの服用方法

デュタステリドの服用方法も気になるところですよね。
デュタステリドは、飲む時間帯のタイミングは、特に決まりがないようなので自分のライフスタイルに合わせてタイミング的には飲むことができるのがとても便利な点なのではないでしょうか。
水などと一緒に服用するという点は、他の薬品とも同じかと思います。
1日あたり1錠と定められているようなので、やはり服用の際には過剰摂取には注意したいところだといえそうです。

 

また、デュタステリドも即効性を期待することができるものではなく、それなりに一定の期間服用し続けることが大切なようなので、やはりそれなりに一定の期間、服用する必要があるという点も頭に入れて起きたいところですよね。
副作用のリスクなど、医薬品という点からもそれなりに注意すべき部分があるのは事実ですが、注意すべき部分を注意してうまく活用したい、魅力的な医薬品の一つとしてもとらえるえことができるとデュタステリドはいえるのではないでしょうか。